川崎市立日本民家園

川崎市立日本民家園
川崎市立日本民家園

「川崎市立日本民家園」は、急速に消滅しつつある古民家を永く将来に残すことを目的に、1967(昭和42)年に開園した古民家の野外博物館。東日本の代表的な民家をはじめ、水車小屋・船頭小屋・高倉・歌舞伎舞台など25件の建物をみることができる。これらすべては国や県の重要文化財として指定を受けており、民家に関する民俗資料などをあわせると、古民家の野外博物館として日本を代表するにふさわしい内容となっている。

川崎市立日本民家園
川崎市立日本民家園

民家は生活の発展に応じて、さまざまな改造が加えられる。日本民家園に移築した民家は、こうした改造の経緯を解きあかす復元調査を行い、原則として建てられた当初の古い形に戻して展示。本館展示室では、家の間取りやつくりかたなど民家に関する基礎知識を学ぶことができる。スタッフと一緒に園内を巡る「園内ガイド」「民家解説」も好評。

川崎市立日本民家園
所在地:神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1 
電話番号:044-922-2181
開館時間:3~10月 9:30~17:00 11~2月 9:30~16:30(最終入園は閉園30分前)
休館日:月曜日(祝日の場合は開園)、祝日の翌日(土・日曜日の場合は開園)、年末年始(12/29~1/3)
http://www.nihonminkaen.jp/

詳細地図