地元出身の世界的芸術家の作品を展示

川崎市岡本太郎美術館

川崎市岡本太郎美術館
川崎市岡本太郎美術館

「世界の岡本」と呼ばれ、日本を代表する芸術家として有名な岡本太郎は、川崎市の生まれ。「川崎市岡本太郎美術館」は岡本の晩年に計画が決まり、逝去の年(1996年)に着工し、1999(平成11)年に完成した。まさに岡本の人生の集大成とも言える美術館である。

川崎市岡本太郎美術館
川崎市岡本太郎美術館

収蔵されているのは、岡本本人が生前に寄贈した主要作品約1,800点。園庭には、高さ30mを誇る美術館のシンボルタワー「母の塔」も建っている。また、「岡本太郎現代芸術賞」(TARO賞)や国内で活躍する現代作家の企画展示なども随時開催され、全国から美術ファンが訪れる場所となっている。

川崎市岡本太郎美術館
所在地:神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5(生田緑地内) 
電話番号:044-900-9898
営業時間:9:30~17:00(最終入館16:30)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日(土・日曜日の場合は開館)、年末年始 ※臨時休館日あり
http://www.taromuseum.jp/

詳細地図