鰭ヶ崎駅

鰭ヶ崎駅
鰭ヶ崎駅

流山市内にある「鰭ヶ崎(ひれがさき)」駅は、市内を走る流鉄流山線の駅。大正時代に流山線の開通と同時期に開業した、長い歴史を持つ。駅名は、弘法大師が薬師如来を彫るために竜から捧げられた木の先に竜のヒレ先が少し残っていたという故事に由来する地名から。駅周辺は東西で様子が異なり、東側は一戸建て中心の閑静な住宅地。西側は古代遺跡が発掘されるほどの自然が広がっているが、一部は区画整備が進められており、将来は利用者が増えることが予想されている。

鰭ヶ崎駅
所在地:千葉県流山市鰭ケ崎宮後 
http://ryutetsu.jp/station.html

詳細地図