ラ ベルコリーヌ

ラ ベルコリーヌ

パンの名店がひしめく東急線沿線の中でも、東急田園都市線「たまプラーザ」駅にある「ラ ベルコリーヌ」は、パン好き大注目のベーカリー&カフェ。フランス語で美しい丘を意味する「ラ ベルコリーヌ」は、「フランスの味と香りを届けたい」をコンセプトに作られ、その味はフランス人ジャーナリストからも絶賛されたという逸話を持つほどだ。

ラ ベルコリーヌ

ドアを開けて店内に足を踏み入れると、辺り一面に香ばしい焼きたてパンの香りが満ちていた。パンは併設工房で焼かれているのだが、ハード系、デニッシュ類、食パン、サンドイッチなどを含めて常時50種類くらいが用意されているという。人気は朝食の定番クロワッサンや食パン。クロワッサンは生地が何層にもなり、噛みしめるたびに花びらが散るかのように皮がハラハラと落ちる繊細なもので、食パンはふわっと柔らかく最後までおいしくいただける。バケットはそれまで食べたものを覆すほどの内容だ。中はふわっとして口溶けがいい。外はパリっとしてかむほどにうま味が口に広がる。ここのパンを食べるたびに、ほかのと違いはどこにあるんだろうとずっと考えていた。

ラ ベルコリーヌ

会計の際にその違いがどこからくるのか尋ねてみると「長期熟成させた生地はモチモチして、粉の香りもしっかり残っているんです。そして小麦粉にもこだわっています。通常使われている小麦粉とは特に価格で差があるんです。一般的な輸入小麦の2、3倍も値段が違うんですよ」とのこと。「でも食事系のパンは好評で頻繁に食べてもらいたいので価格をあげないでがんばっています!」

ほかにもパンのことをいろいろ話してくれた。おいしいパンの食べ方、パンと飲み物との相性。料理や珈琲、紅茶だけではなく、意外とワインやシャンパンとあわせるのがオススメなど。どこかでお目にかかったことが……と思っていたらオーナーシェフだった。積極的に接客をしてくれるオーナーのおかげでにわかパン博士になれそうだ。

ラ ベルコリーヌ
所在地:神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-9-1 平野ビル1F
電話番号:045-901-4142
営業時間:10:00~18:00(土・日曜日は19:00まで) ※売切れ次第閉店
定休日:火曜日、第3月曜日
http://park.geocities.jp/t_m_plaza/belle..

詳細地図


TOP