中古物件、買うときの流れが知りたい!

中古物件は手ごろな物件が多いというメリットはあるものの、購入するまでの流れや、誰から買えばいいかなど、疑問だらけの人も多いはず。ここでは、中古物件を購入するまでのスムーズな道のりを説明しましょう。

中古物件探しは、条件設定からスタート

モデルルームへ足を運んで探す新築物件とは異なり、種類も数も多い中古物件は、探し方や選び方に戸惑う人も多いことでしょう。ここではまず、その流れを解説しましょう。最初に行いたいのが、自分たちが希望するおおよその条件設定です。これは新築物件も同様。しかし、中古は価格やエリア、広さ、築年数など、条件の幅が広いため、より事細かく絞り込みの条件を決めておくことが大切です。条件が決まったら、次の情報収集を行います。主にインターネットや情報誌、チラシなどで物件情報をチェックしたら、不動産仲介会社に問い合わせます。ネットなどで希望に近い物件を掲載している会社に、複数問い合わせなどのアプローチをかけるとよいでしょう。

不動産会社を最大限活用する

中古物件探しでは、信頼できる不動産会社を見つけることが重要になります。物件選びのアドバイスや、市場価値などの情報をプロの視点で教えてもらえるからです。希望条件を伝えておけば、後日販売されたばかりの物件を紹介してくれることもあります。

気に入った物件が見つかったら、次は物件見学です。ポイントは、不動産会社に同行してもらい、第三者の目で評価してもらうこと。自分たちだけだと、いい部分(またはその逆)ばかりに目が行ってしまい、冷静な判断ができなくなることがあるからです。また、物件を取捨選択しやすいように、できる限り短期間に複数の物件を見学・比較することも重要です。

購入したい物件が決まったら、いよいよ契約です。中古物件の場合、価格とは別に不動産会社に払う仲介手数料などがかかりますので、諸費用は新築物件を購入するときより、より多めに必要となります。これは、予算を組む時にも留意しておきましょう。

ミブコーポレーション
世田谷区・目黒区のマンション、一戸建て、土地をご紹介

PR『ミブコーポレーション』

城南地域の情報力、提供力でお客様の満足にお応えします。