相模大野駅

相模大野
相模大野

現在、相模原市の中心として発展している小田急小田原線・江ノ島線の「相模大野」駅だが、その昔は駅ではなく大野信号所として設置されただけだったという。1938(昭和13)年に信号所から駅になり、付近に通信学校があったことから通信学校駅と名づけられた。現在の「相模大野」駅に改称したのは1941(昭和16)年のこと。

相模大野駅
相模大野駅

駅前には「相模女子大学グリーンホール(相模原市文化会館)」や「相模女子大学」が立地し、「北里大学」や「女子美術大学」の最寄駅でもあるため、学生たちが絶えず行き来する姿を見かけるこの街は、相模原市にとって南の玄関口であるだけでなく、文京都市として独自の発展を遂げてきた。

乗降客数は相模原市内で一番多いというだけあり、快速急行や急行などすべての列車が停車。急行なら「新宿」駅まで約40分、「本厚木」駅まで約12分でアクセスでき、江ノ島線「藤沢」駅へは約25分で到着できる。特急ロマンスカーもほとんどが停車するので、レジャーの拠点としても活用しやすい駅になっている。

相模大野駅
所在地:神奈川県相模原市南区相模大野3-8-1 
電話番号:042-742-2246
https://www.odakyu.jp/station/sagami_ono..

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ