MENU

HOME> コラム> 過去と未来が交錯する、水と緑の蔵前・浅草橋エリア散策

過去と未来が交錯する、水と緑の蔵前・浅草橋エリア散策

かねてより「江戸」と呼ばれてきたエリアには、いまも情緒ある見どころがたくさん残っている。まちを歩けば、それだけで「歴史散歩」とでもいうべき散策をそこかしこで楽しめる。もちろん、古き良き街並みを持つ蔵前・浅草橋エリアもその例に漏れていない。

隅田川

ちなみに「蔵前」という地名は、江戸期、ここに諸国からの年貢米を納めた幕府の蔵があったことによる。この蔵の米は旗本や御家人の扶持米、今でいうお給料となっていた。これを管理し、守るため、蔵前の地には役人たちが多く住んでいたという。

このころから、蔵前には住宅地としての活気があった。明治期にも引き継がれたこの活気は、アララギ派の歌人・斎藤茂吉が随筆『三筋町界隈』に記している。茂吉は精神科医としても名を馳せており、そのキャリアの始まりは蔵前の北隣に位置する三筋地区に住んでいた親戚筋の医師・斎藤紀一の婿養子となったことにある。

蔵前エリア 船場

蔵前の活気は、浅草橋の活気にも通じていた。すでに江戸期には橋の南側に大きな船着き場があり、質の良い魚などが水揚げされていたとのことで、このあたりには味自慢の料理屋が多く建ち並んでいたらしい。

名だたる料理屋には著名人も集まっていたようで、日本の近代ジャーナリストの草分け的人物といわれる成島柳北(蔵前出身)が著した『柳橋新誌』には、そのにぎわいの様子が鮮やかに刻まれている。


1 2 3 
HOME >
コラム >
過去と未来が交錯する、水と緑の蔵前・浅草橋エリア散策

PAGE TOP