埼玉東エリア春日部市 / 越谷市 / 草加市 / 吉川市 / 三郷市 / 八潮市 / 南埼玉郡宮代町

粕壁宿・田村本店前の碑【春日部市】桐たんすの街として発展した、日光街道・粕壁宿
春日部市は、埼玉県東部に広がる市で、人口は約23.5万人です。春日部という地名は、南北朝時代、新田義貞の家臣であった春日部氏が、この地を領地としたことに由来するとされています。かつては粕壁という表記も使われ、現在も市内には粕壁という町名が残っています。 江戸時代に日光街道が整備されると、春日部は宿場町として発展しました。「粕壁宿」は江戸から4番目 .....

大相模調節池【越谷市】新たに生まれた越谷レイクタウンの魅力
越谷市は、埼玉県の南東部にある人口約34万人の市です。元荒川や中川、綾瀬川、古利根川など多くの河川が流れる越谷市は、古くから「水の郷」と呼ばれていました。 また、越谷は猿島街道や赤山街道が分岐する交通の要衝でもあり、古くから市が開かれるなど地域の拠点として機能していました。江戸時代に日光街道が整備されると、江戸から3番目の宿場が開かれ、宿場町とし .....

草加宿【草加市】歴史と伝統を受け継ぎ、新たなステージへ飛躍する街
草加市は、埼玉県の東南部に位置し、市域の南部で東京都足立区に隣接しています。中川や綾瀬川流域に開けた街で、おおむね平地が広がっています。1955(昭和30)年に、草加町と谷塚町、新田村が合併、その後の編入・分離によって現在の市域になり、1958(昭和33)年県下21番目に市制を施行し、草加市となりました。 近世のはじめ江戸から奥州へ向かう道は、千 .....

魚竹【吉川市】川に囲まれた街ならではの、なまずを使った川魚料理
吉川市は、埼玉県の南東部に位置する人口約7.2万人の市です。東の江戸川、西の中川と、東西を川に挟まれた市域は、おおむね平坦な地形になっています。1955(昭和30)年に吉川町と旭村、三輪野江村が合併して現在の市域になったのち、1973(昭和48)年の国鉄(現・JR)武蔵野線の開通を契機に「吉川団地」などの住宅開発が進み、人口が増加。1996(平成 .....

三郷駅【三郷市】武蔵野線・つくばエクスプレス開通で飛躍的に発展を遂げた街
三郷市は、埼玉県の東南端に位置する市で、東側は千葉県松戸市と、南側は東京都葛飾区と隣接しています。また、市の東を江戸川、西を中川に挟まれた平坦な地形に恵まれ、約14万人の人々が暮らしています。三郷市は東京都心からの距離が近いことから、古くから住宅地として発展してきました。三郷市の開発は鉄道の開通とともに進んできたことが特徴です。 1973(昭和4 .....

八潮市役所【八潮市】つくばエクスプレス開業で、都心直結の街へ
八潮市は、埼玉県の東南端部位置する人口約8.9万人の市です。東を中川、西を綾瀬川、南を垳川に囲まれたおおむね平坦な地形で、古くから物資輸送の要所として栄えてきました。 鎌倉時代の文書には、中川や綾瀬川を利用した水運による定期市が、現在の八潮市内で開かれていたと記されています。江戸時代になると、川岸には荷物の積み下ろしをする河岸が設けられ、陸路でも .....

東武動物公園【宮代町】街のシンボル、東武動物公園は魅力がいっぱい
宮代町は、埼玉県の北東部にある人口約3.4万人の町です。宮代町は、1955(昭和30)年に須賀村、百間村が合併して誕生しました。宮代という町の名は、百間村の総鎮守である「姫宮神社」と、須賀村の総鎮守である「身代神社」のそれぞれ一文字を採って付けられたものです。百間という地名は、「姫宮神社」にあった鰐口に1414(応永21)年という年とともに銘が記 .....

PR:CONTENTおすすめ物件

埼玉東エリア

PAGE TOP