コラム

北千住西口商店街(サンロード商店街)【足立区】TX開通で急成長した「北千住」~「六町」駅周辺エリア
足立区は、東京都の北東部に位置する区で、人口約67万人を擁する大規模な区です。その歴史は、江戸時代、五街道のひとつとして日光街道が整備されると、千住には宿場が設けられました。この「千住宿」は江戸を出て最初の宿場であり、水戸街道との分岐点であったことから、江戸四宿のひとつとして大いににぎわっていたといいます。 当時の日光街道のルートは、現在の「北千 .....

松戸宿【松戸市】徳川ゆかりの史跡や小説の舞台巡り
松戸市は、千葉県北西部に位置し、西側は江戸川を挟んで東京都葛飾区と埼玉県三郷市に接しています。人口は約48万人で千葉県内第3位を誇ります。平安時代の松戸は、下総国国府(千葉県市川市)から常陸国国府(茨城県石岡市)へ抜ける道と、武蔵国国府(東京都府中市)へ向かう道の分岐点で、交通の要衝になっていました。また、江戸川沿いには津と呼ばれた渡し場もあり、 .....

粕壁宿・田村本店前の碑【春日部市】桐たんすの街として発展した、日光街道・粕壁宿
春日部市は、埼玉県東部に広がる市で、人口は約23万人です。春日部という地名は、南北朝時代、新田義貞の家臣であった春日部氏が、この地を領地としたことに由来するとされています。かつては粕壁という表記も使われ、現在も市内には粕壁という町名が残っています。 江戸時代に日光街道が整備されると、春日部は宿場町として発展しました。「粕壁宿」は江戸から4番目の宿 .....

流山キッコーマン【流山市】緑豊かな街づくりを進める「都心から一番近い森のまち」
流山市は、千葉県北西部にあり、約18万人の人々が暮らしています。江戸時代は江戸川や利根運河を利用した舟運の拠点として栄え、明治維新後の一時期は「葛飾県庁」が置かれるほどの拠点となっていました。 また、江戸時代中期に、流山の造り酒屋がきれいに澄んだみりんの醸造に成功しました。このみりんは「白みりん」として江戸を中心に好評を博し、みりんの醸造は流山の .....

大相模調節池【越谷市】新たに生まれた越谷レイクタウンの魅力
越谷市は、埼玉県の南東部にある人口約34万人の市です。元荒川や中川、綾瀬川、古利根川など多くの河川が流れる越谷市は、古くから「水の郷」と呼ばれていました。 また、越谷は猿島街道や赤山街道が分岐する交通の要衝でもあり、古くから市が開かれるなど地域の拠点として機能していました。江戸時代に日光街道が整備されると、江戸から3番目の宿場が開かれ、宿場町とし .....

氷川神社【さいたま市】個性が光る街が集まる埼玉県最大の都市
さいたま市は、2001(平成13)年に浦和、与野、大宮の3市が合併して誕生。2005(平成17)年に岩槻市が加わり、現在の市域になりました。人口は約127万人と埼玉県最大を誇る政令指定都市で、大宮区、浦和区、岩槻区など、10の行政区が設けられています。 大宮区のある大宮の地名は、武蔵国一宮の「氷川神社」があったことに由来するといわれています。「氷 .....

柏競馬場跡地【柏市】千葉県北西部の中核都市、柏市の発展の歴史
柏市は、千葉県北西部に位置し、人口は約41万人と千葉県内第5位を誇ります。江戸時代には水戸街道沿いの一集落であった柏の街ですが、1896(明治29)年に日本鉄道(現・JR常磐線)の「柏」駅が開業、1911(明治44)年には千葉県営軽便鉄道野田線(現・東武野田線)も乗り入れ、急速に発展を遂げました。 とくに昭和30年代以降は、宅地開発が盛んに行われ .....

草加宿【草加市】歴史と伝統を受け継ぎ、新たなステージへ飛躍する街
草加市は、埼玉県の東南部に位置し、市域の南部で東京都足立区に隣接しています。中川や綾瀬川流域に開けた街で、おおむね平地が広がっています。1955(昭和30)年に、草加町と谷塚町、新田村が合併、その後の編入・分離によって現在の市域になり、1958(昭和33)年県下21番目に市制を施行し、草加市となりました。 近世のはじめ江戸から奥州へ向かう道は、千 .....

我孫子市内の住宅地【我孫子市】別荘地として人気を博し、白樺派の拠点へ
我孫子市は、千葉県の北西部に位置し、手賀沼と利根川にはさまれたエリアに広がっています。1955(昭和30)年4月に我孫子町、布佐町、湖北村が合併して我孫子町となったのち、1970(昭和45)年7月に市制が施行されました。現在の人口は約13万人です。 我孫子という地名は古くからあり、鎌倉時代の文書にもその名が記されています。その由来は正確にはわかっ .....

魚竹【吉川市】川に囲まれた街ならではの、なまずを使った川魚料理
吉川市は、埼玉県の南東部に位置する人口約7万人の市です。東の江戸川、西の中川と、東西を川に挟まれた市域は、おおむね平坦な地形になっています。1955(昭和30)年に吉川町と旭村、三輪野江村が合併して現在の市域になったのち、1973(昭和48)年の国鉄(現・JR)武蔵野線の開通を契機に「吉川団地」などの住宅開発が進み、人口が増加。1996(平成8) .....

鳩ヶ谷宿【川口市】宿場街からキューポラの街、そしてベッドタウンに進化した街
川口市は、埼玉県南東部に位置する約59万人が暮らす街で、埼玉県内第2位の人口を誇ります。2011(平成23)年に鳩ヶ谷市と合併し、現在の市域になりました。 川口の街は、江戸から日光へ伸びる日光御成街道の宿場町として発展しました。日光御成街道は、日光街道の脇街道として江戸時代に整備された道ですが、江戸幕府の将軍が「日光東照宮」に参拝する際に利用した .....

新鎌ヶ谷駅【鎌ケ谷市】小金牧のなかで最初に開拓が行われた初富エリア
鎌ケ谷市は、千葉県の北西部に位置する人口約11万人の市です。市域はほぼ北総台地上にあり、なだらかな地形になっています。 原野が広がっていた北総台地では、広大な敷地を確保できるため、江戸幕府はここに軍馬を育成するための放牧場「小金牧」を設けました。もともと千葉県北部は馬の育成が行われていた場所で、平安時代に書かれた『延喜式』にも牧があったとの記述が .....

三郷駅【三郷市】武蔵野線・つくばエクスプレス開通で飛躍的に発展を遂げた街
三郷市は、埼玉県の東南端に位置する市で、東側は千葉県松戸市と、南側は東京都葛飾区と隣接しています。また、市の東を江戸川、西を中川に挟まれた平坦な地形に恵まれ、約14万人の人々が暮らしています。三郷市は東京都心からの距離が近いことから、古くから住宅地として発展してきました。三郷市の開発は鉄道の開通とともに進んできたことが特徴です。 1973(昭和4 .....

都心と埼玉を結ぶ「戸田の渡し」と五街道の中継地、<br />戸田市上戸田二丁目エリア【戸田市】中山道の戸田の渡しがあった、若さと財政力に富んだ街
戸田市は、埼玉県南部に位置し、約14万人が暮らす市です。江戸時代、現在の戸田市内には、板橋宿と蕨宿を結ぶ中山道が通っていました。途中、戸田川(現・荒川)を渡る必要があるのですが、川に架かる橋はなく、戸田の渡し(渡し船)が戸田と板橋の行き来を担っていました。戸田の渡しには13艘の船があり、人を渡すだけでなく荷揚げ場として物資の中継点にもなっていたこ .....

川越城本丸御殿【川越市】時の鐘と蔵造りの街並みが歴史を伝える
川越市は、埼玉県南西部に位置する市で、約35万人の人口は埼玉県内ではさいたま市、川口市に次ぐ第3位を誇ります。 武蔵野台地の北端にあり、荒川と入間川が合流する地でもある川越は、古くから地理的な要衝とされ、平安時代の豪族、河越氏はここに「河越館」を築きました。室町時代になると、太田道灌によって「河越城」が造られ、武蔵国支配の拠点となります。戦国時代 .....

膝折宿中宿 脇本陣【朝霞市】老舗の味で江戸の歴史を感じられる膝折宿
朝霞市は、埼玉県の南部に位置する市で、人口は約13万人です。朝霞市の中心部はかつて膝折村と呼ばれていましたが、1932(昭和7)年に町制を施行する際、この地に移転してきた東京ゴルフ倶楽部の名誉総裁であり、皇族でもあった朝香宮鳩彦王にちなんで朝霞と名づけられました。また、膝折という地名は古く、室町時代の文書にも太田道灌が膝折に陣を構えたとの記録が残 .....

志木市いろは商店会【志木市】水運で栄えたカッパの街
志木市は、埼玉県南部にある人口約7万人の市です。市の名前は律令時代の地名である志木郷に由来し、1874(明治7)年に当時の引又宿と舘本村が合併する際、志木宿という名を採用したことがきっかけとなりました。 江戸時代初期、川越藩主になった松平信綱は、川越と江戸の物資運搬手段として水運に注目し、新河岸川の改修工事を行います。こうして新河岸川は川越から江 .....

平林寺【新座市】旧石器時代から人々が暮らし、快適な住宅街に発展
新座市は、埼玉県の南部に広がり、約16万人の人々が暮らしています。新座市には、旧石器時代の遺跡が見られるなど、古くから人々の生活が営まれてきました。「大和田ファミリープール」周辺に広がる「新開遺跡」はその代表的存在で、縄文時代の住居跡や中世の竪穴遺構のほか、石器や土器など旧石器時代から平安時代にかけての遺物が多数発見されています。 その後、現在の .....

上尾駅【上尾市】新たな都市インフラが続々完成し、さらに便利になる生活環境
上尾市は、埼玉県中部にある人口約22万人の市です。江戸時代には中山道の宿場町として発展しました。江戸を朝に出発した旅人は、上尾付近で最初の宿を探すことになり、「上尾宿」は大いににぎわいました。当時の上尾宿は、現在の仲町付近に広がり、比較的小さな宿場ながら、本陣の規模は中山道中有数の大きさだったといわれています。当時の宿場付近には現在も案内板が設置 .....

蓮田駅【蓮田市】都市インフラ整備が着々と進み、より暮らしやすく
蓮田市は、埼玉県の東部に位置する市で、約6万人の人々が暮らしています。1934(昭和9)年に綾瀬村が町制施行と同時に名称を変更、蓮田町となったのち、1972(昭和47)年に市制を施行し、蓮田市となっています。 蓮田市内には多くの貝塚や住居跡などの遺跡が残されていることからうかがえるように、古くから人々が暮らしていたエリアです。また、蓮田という地名 .....

船橋大神宮【船橋市】港町から千葉県有数のショッピングタウンに成長
船橋市は、千葉県の北西部に位置する市で、約63万人の人口は千葉市に次いで千葉県内第2位を誇ります。船橋という地名の由来は諸説ありますが、日本武尊が海老川を渡る際に、船を並べて橋にしたことが由縁という説もあります。 船橋は海老川河口の港として古くから栄えてきました。平安時代中期の書物にも記録が残る「意富比(おおひ)神社」はその後の「船橋大神宮」で、 .....

堀之内貝塚公園【市川市】文人墨客に愛された黒松の街並みが残る街
市川市は、千葉県の北西部に位置する人口約48万人の市です。市川という地名は、市の西側を流れる江戸川が当時東国一の川であったことから一の川が訛ったとする説や、江戸川の河岸に川舟が集まり定期的に市が開かれていたことに由来するという、ふたつの説があります。 現在の市川市は古くから人々が暮らしていた場所で、「堀之内貝塚」「姥山貝塚」「曽谷貝塚」など多くの .....

八潮市役所【八潮市】つくばエクスプレス開業で、都心直結の街へ
八潮市は、埼玉県の東南端部位置する人口約8万人の市です。東を中川、西を綾瀬川、南を垳川に囲まれたおおむね平坦な地形で、古くから物資輸送の要所として栄えてきました。 鎌倉時代の文書には、中川や綾瀬川を利用した水運による定期市が、現在の八潮市内で開かれていたと記されています。江戸時代になると、川岸には荷物の積み下ろしをする河岸が設けられ、陸路でも、日 .....

東武動物公園【宮代町】街のシンボル、東武動物公園は魅力がいっぱい
宮代町は、埼玉県の北東部にある人口約3万人の町です。宮代町は、1955(昭和30)年に須賀村、百間村が合併して誕生しました。宮代という町の名は、百間村の総鎮守である「姫宮神社」と、須賀村の総鎮守である「身代神社」のそれぞれ一文字を採って付けられたものです。百間という地名は、「姫宮神社」にあった鰐口に1414(応永21)年という年とともに銘が記され .....

習志野市立谷津小学校【習志野市】音楽を楽しめる環境が整う「音楽のまち」
習志野市は、数多くの教育施設が集まる文教都市であり、また、「音楽のまち」としても知られています。習志野市では子どもから大人まで多くの市民が音楽に親しんでいることから、このように呼ばれるようになりました。習志野市の玄関口である「津田沼」駅前には、パイプオルガンのモニュメントが置かれていることも「音楽のまち」らしい景観といえるでしょう。 とくに学校で .....

PR:CONTENTおすすめ物件

コラム

PAGE TOP