千葉エリア松戸市 / 流山市 / 柏市 / 我孫子市 / 鎌ヶ谷市 / 船橋市 / 市川市 / 習志野市

松戸宿【松戸市】徳川ゆかりの史跡や小説の舞台巡り
松戸市は、千葉県北西部に位置し、西側は江戸川を挟んで東京都葛飾区と埼玉県三郷市に接しています。人口は約49.4万人で千葉県内第3位を誇ります。平安時代の松戸は、下総国国府(千葉県市川市)から常陸国国府(茨城県石岡市)へ抜ける道と、武蔵国国府(東京都府中市)へ向かう道の分岐点で、交通の要衝になっていました。また、江戸川沿いには津と呼ばれた渡し場もあ .....

流山キッコーマン【流山市】緑豊かな街づくりを進める「都心から一番近い森のまち」
流山市は、千葉県北西部にあり、約18.5万人の人々が暮らしています。江戸時代は江戸川や利根運河を利用した舟運の拠点として栄え、明治維新後の一時期は「葛飾県庁」が置かれるほどの拠点となっていました。 また、江戸時代中期に、流山の造り酒屋がきれいに澄んだみりんの醸造に成功しました。このみりんは「白みりん」として江戸を中心に好評を博し、みりんの醸造は流 .....

柏競馬場跡地【柏市】千葉県北西部の中核都市、柏市の発展の歴史
柏市は、千葉県北西部に位置し、人口は約41.6万人と千葉県内第5位を誇ります。江戸時代には水戸街道沿いの一集落であった柏の街ですが、1896(明治29)年に日本鉄道(現・JR常磐線)の「柏」駅が開業、1911(明治44)年には千葉県営軽便鉄道野田線(現・東武野田線)も乗り入れ、急速に発展を遂げました。 とくに昭和30年代以降は、宅地開発が盛んに行 .....

我孫子市内の住宅地【我孫子市】別荘地として人気を博し、白樺派の拠点へ
我孫子市は、千葉県の北西部に位置し、手賀沼と利根川にはさまれたエリアに広がっています。1955(昭和30)年4月に我孫子町、布佐町、湖北村が合併して我孫子町となったのち、1970(昭和45)年7月に市制が施行されました。現在の人口は約13.2万人です。 我孫子という地名は古くからあり、鎌倉時代の文書にもその名が記されています。その由来は正確にはわ .....

新鎌ヶ谷駅【鎌ケ谷市】小金牧のなかで最初に開拓が行われた初富エリア
鎌ケ谷市は、千葉県の北西部に位置する人口約10.9万人の市です。市域はほぼ北総台地上にあり、なだらかな地形になっています。 原野が広がっていた北総台地では、広大な敷地を確保できるため、江戸幕府はここに軍馬を育成するための放牧場「小金牧」を設けました。もともと千葉県北部は馬の育成が行われていた場所で、平安時代に書かれた『延喜式』にも牧があったとの記 .....

船橋大神宮【船橋市】港町から千葉県有数のショッピングタウンに成長
船橋市は、千葉県の北西部に位置する市で、約63.5万人の人口は千葉市に次いで千葉県内第2位を誇ります。船橋という地名の由来は諸説ありますが、日本武尊が海老川を渡る際に、船を並べて橋にしたことが由縁という説もあります。 船橋は海老川河口の港として古くから栄えてきました。平安時代中期の書物にも記録が残る「意富比(おおひ)神社」はその後の「船橋大神宮」 .....

堀之内貝塚公園【市川市】文人墨客に愛された黒松の街並みが残る街
市川市は、千葉県の北西部に位置する人口約48.4万人の市です。市川という地名は、市の西側を流れる江戸川が当時東国一の川であったことから一の川が訛ったとする説や、江戸川の河岸に川舟が集まり定期的に市が開かれていたことに由来するという、ふたつの説があります。 現在の市川市は古くから人々が暮らしていた場所で、「堀之内貝塚」「姥山貝塚」「曽谷貝塚」など多 .....

習志野市立谷津小学校【習志野市】音楽を楽しめる環境が整う「音楽のまち」
習志野市は、数多くの教育施設が集まる文教都市であり、また、「音楽のまち」としても知られています。習志野市では子どもから大人まで多くの市民が音楽に親しんでいることから、このように呼ばれるようになりました。習志野市の玄関口である「津田沼」駅前には、パイプオルガンのモニュメントが置かれていることも「音楽のまち」らしい景観といえるでしょう。 とくに学校で .....

PR:CONTENTおすすめ物件

千葉エリア

PAGE TOP